注文住宅なのだから建物と土地も気にして

最初の悩みは新しく建てる時期と場所でした。
年回りのよくない時だとか、動物の屠殺場だったりとか目に見えない物への不安。建ててしまってからだと遅いので、青森の霊視の先生に視てもらってから決めました。
注文住宅でしたので、おおまかな間取りは自分で決めました。風水の本がボロボロになるまで、にらめっこしなから。
しかし、一番大切な方位が曖昧で困りました。住宅会社があまり風水に関心がなく、あまりしつこく聞くのも風水ごときでと思われそうで、控えてしまいました。
結局一番避けたかったトイレが鬼門になってしまいました。ショックでした。

建てる時期と場所は青森の霊視の先生に視てもらいました。わたしの住んでる街は昔から馬の街らしく、あちこちに屠殺場があったそうです。宅地にして分譲してしまうと分からないじゃないですか。なので少し神経質かなとは思いましたが、視ていただいて良かったと思います。
風水の本がボロボロになるまで読んだわりには、トイレが鬼門。仕方がないのでその対処方を実践しています。
とにかく毎日お掃除が一番。その後色や小物です。トイレ以外の部屋はまったく風水していません。

わたしのように神経質なくらい気にする人は少ないと思います。
間取りだけは風水きになるのよのねー。と言う方は最初に住宅会社の担当の方に恥ずかしがらず話してみるのがいいとおもいます。
親身になって磁石片手に話を聞いてくれる住宅会社さんはあるはずです。
自分でも丸投げではなく、知識を持つのも大切だと思います。住宅会社さんも風水のプロではないのですから。

「注文住宅なのだから建物と土地も気にして」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。