実家近くに夢の新築一戸建て購入計画

新築一戸建てを建てる際意識したのは、やはり立地です。
その中でも重視した点が、自分と妻の実家に近いという事です。
うちの場合ですと、自分も妻も同じ学区出身で互いの実家同士も近いのですが、お互いの実家に5分以内で行ける距離に家を建てました。
二世帯は嫌だけど、お互いの両親の老後等が気になる上で、やはり遠くに離れて暮らすのは何かと心配事が多くなるのでこの点を重視しました。

まずは、近所の土地等に売り地が無いか、建売や建築条件付売り地が無いか等を調べるために、ドライブや散歩等をして、周りの変化を見逃さないことですね。
不景気なので、土地を持っている地主さんは、お金に困ってくると案外簡単に土地を売りにだすので要チェックです。
そして、売りに出されてたらすぐにチェックを入れて、本当に気に入ったのならすぐにでも購入計画等を建てないと、いい土地はあっと言う間に売れてしまいます。
あとは、両親のとかも巻き込むと実家の近くに住んでくれるって事で多少なりの金銭面の援助が望める場合があります。
うちの場合は、軽く土地を見に行って両親に話したら、両親も乗り気になって金銭援助があり、購入に至りました。

家の間取り等は、絶対失敗するものです。
子供が居る家庭は、すぐに家の中はボロボロになるという事を頭の中においておきましょう。
理想と現実は結構違うものです。
妥協する点、こだわる点を明確に決めて設計していってください。